www.davidlovelace.info

自動車の保険には任意保険と自賠責保険に代表される2つの種類があります。任意保険も自賠責保険も、いざという時の事態に遭った場合の補償に関するものですが内容や条件は少し違うといえます。二つの保険においては補償が適用されるものが同じではありません。※相手に対しては、「任意保険」「自賠責保険」の双方で補償されるよう取り決められています。※自分に関しては、【任意保険】のみで補償されるよう取り決められています。※自己が所有する財産においては、『任意保険』によってのみ補償されるよう取り決められています。自賠責保険だけでは、自分への傷あるいは車両への賠償などのサポートは受けられません。さらに相手方への支援ですが自賠責保険では死亡した時は上限3000万円・後遺障害を与えてしまった場合最高額で四千万円というように定められています。しかし賠償金が直前に述べた額面を凌ぐことはよくあることに注意しましょう。また加えて相手の所有するクルマもしくは建築物を壊した時においては、事故を起こした人の完全な自己賠償となるという決まりです。だからこそ任意保険という別の種類の保険が必須になるのです。危害を受けた人の救いが主眼となっているのが任意保険というものですが、それに留まらない補償内容が存在します。※事故の相手方へは死亡時あるいは傷だけでなく車ないしは不動産などといったものの対象を補償してもらえるのです。※自分へは、一緒に乗っていた者も対象として死亡時もしくは怪我を補償してくれるのです。※自分の財産に関しては車を補償します。このように様々な面での賠償が充実しているのが任意保険が持つ最大のストロングポイントです。掛金の振り込みはもちろん必須となりますが、事故を起こした時の相手のためにも自分自身のためにも、車に安心して乗りたいのであれば申し込んでおくに越したことはありません。

Link

Copyright © 1996 www.davidlovelace.info All Rights Reserved.